女子力アップ術!日本舞踊の家元がつぶやく(扇流 大阪教室)

お問い合わせはこちら

女子力アップ術!日本舞踊の家元がつぶやく

女子力アップ術!日本舞踊の家元がつぶやく

2021/09/16

「女子力アップ術」を日本舞踊の家元がつぶやいた

今年の中秋の名月は!?

皆様、おはようございます。

いつも、有難う御座います。

日ごとに秋めいて参りました。

朝晩、少し冷えて参りましたが、お元気でお過ごしですか?

 

もうすぐ、今年も中秋の名月ですね。

今年は、9月21日で、ちょうど満月になるそうです。

この日に月を愛でる風習は、平安時代に始まったそうです。

 

月見酒を交わし、男女で歌を読みあったそうですよ。なんとロマンチックな!!

毎年私は、もっぱら月見酒の方は、欠かしておりませんが(笑)

 

写真は、昨年の中秋の名月の画像です。

とても綺麗に観得たのを思い出します。

 

月という字は、身体のたくさんの部分を表す漢字に付いています。

又、生き物の出産や産卵、生活にも大きく影響していますね。

月の満ち欠けを基準に、日々の生活を送っている民族もあるようです。

 

だから多くの人々が、お月様に惹かれるんでしょうね。

 

月にまつわる、又、月に願いを込めるお話もたくさんあるし、日本舞踊でも月を題材にしたものがたくさんあります。

 

その中でも、私は清元の「玉兎」という曲を何度か踊らせて頂きました。

大きなお月様の中から、兎が飛び出すところから始まり、カチカチ山の物語、お月様の件から幕切れの踊りとなり、三つの昔話がミックスされた舞踊です。

お月様と子宝祈願は、日本の古典音楽にはよく出て参ります。

この玉兎のお月様の件もそうですし、男女夫婦役で踊る、義太夫の「団子売り」なんかもお月様と、こちらは月見酒ではなく月見団子に、子宝祈願の込められた唄です。

 

今月21日皆様が、綺麗な満月が愛でられることと、皆様のご健勝とご多幸をご祈念申し上げ、本日の結びと致します。

 

今日も、エレガントな一日を。。。

 

清月吉日

 

日本舞踊 扇流(大阪教室)

 三代目家元  扇 梅芳 拝

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。